切り離して考えるな、とりあえず感じろ②

私の医療従事者としてのスタートは歯科衛生士でした。

 

当時、「猫学か解剖学を専門的に知りたいな」なんて思っていました。

 

作業療法士という職種にも関心があったのですが、そもそもさほど高い志もなく「2年間で卒業できる国家資格」ということもあり歯科衛生士の学校のパンフレットを見たらカリキュラムに解剖学の記載が。(現在は3年制)

 

そんなこんなで入学したものの、実際は頭頸部の解剖学が9割で私の求めていたものとは違いました。

 

実際、臨床では医科、歯科は同じ人間の体に起こるものを取り扱うのに全く無関係の領域で交わる事がない、ということにものすごい違和感を覚えました。

 

例えば顎関節症。

顎関節の周辺組織の痛みや関節部分が鳴ったり口が開けにくいなどをはじめとした症状が起きる疾患ですが、手術を必要とするほどではなければ姿勢などの生活の中で気をつけるべきことのアドバイスや、マウスピースを作る、程度の処置しかされなかったりします。

 

しかし実際、顎関節症がある方の話を聞いてみると肩こりや頭痛、精神的なトラブル、自律神経の不調など様々な症状を同時に持ち合わせている方が多いように感じます。

やがて関節部の痛みが取れれば仮に関節がガクガクと音がしても「痛みは取れたし音がなるくらいなら支障がないから大丈夫」

と放置して過ごすようになるのでしょうか。

 

体の不調を訴える方々に過去から現在にかけて頭頸部での気になる症状の有無を聞くと「そういえば・・・」と話してくれたりすることは決して少なくはありません。

 

続きはまた。